土地を空き地にしておくデメリット

土地を持っているのに活用せずに空地にしておくということは、土地のポテンシャルを有効活用できていないということ。

 

土地を放置し続けると、土地の価値はどんどん下がってしまいます。

 

また土地を空地にしておいても、固定資産税や都市計画税などの税金は支払わなければならず、土地を持っているのに活用しないとマイナスになってしまうのです。

 

固定資産税は住宅用地200平米までの小規模住宅用地に住宅を建てるとその土地にかかる税金は1/6になります。

 

200平米超の一般住宅用地の場合でも1/3の税率になるので、空地のままにしておくよりも住宅を建てた方が固定資産税を安く抑えることができるのです。

 

また都市計画税においても、空地のまま放置した場合と比較すると、土地の評価税率は割安になるため住宅を建てた方が節税対策になります。

 

土地活用の種類

駐車場

空地を駐車場にする場合、比較的安い費用で始めることができます。

 

また管理に関しても手間がかからないので手軽にできる土地活用といえるでしょう。

 

ただ大きな収益は見込めないため、ローリスク、ローリターンな土地活用方法です。

 

駐車場経営で得られた収益は不動産所得になります。

 

駐車場経営には月極駐車場や導入する必要があるため、初期費用がかかります。

 

ただ収益的にはコインパーキング形式の方が儲かるでしょう。

 

駐車場経営にかかる費用は以下の通りです。

 

・月極駐車場:道路の塗装、車止めの設置50万円

・コインパーキング形式:道路の塗装や車止めの設置50万円、機械の設置200万円
駐車場への活用法は、低リスクで長く活用しない時におすすめです。

 

賃貸アパート・マンション経営

土地活用と聞いてイメージしやすいのが賃貸アパートやマンション経営でしょう。

 

ただ賃貸アパート・マンションは収益が大きい半面、リスクが高く、管理などの手間もかかります。

 

賃貸アパート・マンション経営は、アパートやマンションを建設し、入居者を集めて家賃収入を得る活用法です。

 

年間にかかる経費としては、固定資産税の他、共用部分の電気代、メンテナンス費用などです。

 

1年間で得た収入に関しては経費を差し引いた所得分は、不動産所得として税金を納めるきまりになっています。

 

ただ、不動産所得は青色申告特別控除、減価償却費など手元で支払っていない項目に関しても経費として計上できるので、節税対策につながります。

 

賃貸アパート・マンション経営における土地の活用法は立地が非常に重要です。

 

いくら立派なマンションを建てても、立地が悪く入居者が集まらない場合、家賃収入を得ることができず大きな赤字を背負ってしまうでしょう。

 

逆に入居者がコンスタントに入っていれば、数年でお金を回収でき、安定した不労収入となるケースも少なくありませんよ。

 

トランクルーム

土地にトランクルームを設置して、トランクルームを貸し出します。

 

トランクルームも駐車場経営と同じく住宅用地の特例を受けられない場合が多いです。

 

そのため固定資産税の負担は大きくなってしまうでしょう。

 

ただトランクルームを設置するだけでよいので土地の活用方法として簡単で、管理なども少ないので手軽に始められる活用方法と言えるでしょう。

 

トランクルーム経営は駐車場とは違い立地は特に関係なく、比較的場所を選ばず始められるのもメリット。

 

オフィス街、住宅地、商業施設、港近くなどでは利用が多くなるでしょう。

 

自動販売機の設置

自動販売機は畳1枚分ほどの土地があれば設置することができるため省スペースな土地活用と言えるでしょう。

 

自動販売機の設置に関しては「土地だけ貸す方法」と「自動販売機を設置する方法」の2つのやり方があります。

 

土地だけ貸す場合は、自動販売機を設置するスペースだけを貸して、売り上げの一部をメーカーからもらう方法です。

 

この場合自動販売機の電気代は負担しなければなりませんが、飲料メーカー側が缶やペットボトルの詰め替えやメンテナンスをすべて行ってくれるので手間がかかりません。

 

「自動販売機を設置する方法」の場合には、自動販売機そのものを買い取って、自分の土地に設置します。

 

この場合、飲み物の仕入れ、補充、ゴミ箱の掃除など全てのメンテナンスを行う必要あり。

 

手間はかかりますが、飲み物を売った収益はすべて自分のものとなります。

 

売却

空き地をそのまま持っていても活用方法がないという場合には売却がおすすめです。

 

土地を売却すればまとまったお金を得ることができます。

 

また売却後には固定資産税を支払う必要がないため、税金の心配がありません。

 

ただ売ってしまうと土地活用をして継続的な収入を得るということはできなくなります。

 

土地を売却する際には、仲介手数料、登記費用などの諸経費の他に、売却して得られた利益には譲渡所得税が発生します。

 

この譲渡所有税は、土地の所有期間が5年以下の短期譲渡所得の場合、税率が高くなるので売却する時期を見定める必要があるでしょう。

 

田舎でもできるおすすめな土地活用方法

・太陽光発電

田舎の空地の土地活用といえば太陽光発電がおすすめです。

 

土地活用の場合、集客が必要になる活用方法が多いですが太陽光発電は集客は必要なし。

 

田舎の土地であれば、広い土地を確保しやすく、太陽の光を遮る高い建物も少ないため、太陽光発電にぴったりです。

 

・資材置き場

資材置き場であれば、農地法や市街化調整区域など規制がある土地であっても活用でき、将来は別の土地活用を考えている場合でもOKです。

 

特別な準備や管理も必要ないため、手軽に空地活用ができるでしょう。

 

・戸建て賃貸住宅

戸建て賃貸住宅であれば、アパート・マンション経営とは違い多くの入居者を集める必要がありません。

 

戸建て賃貸住宅はマンションやアパートに比べて高い家賃を取りやすく、駅から遠いなど田舎であっても住みたいという人はいるでしょう。

 

・サービス付き高齢者住宅

サービス付き高齢者住宅は、田舎の土地でも需要が高いです。

 

ただ初期投資額が高くなるので、その点はよく考えるようにしましょう。

 

土地活用のプランを無料で比較検討できるサービス

リビンマッチ

https://lp.lvnmatch.com/

節税対策につながる土地活用方法を提案してくれる
大手優良企業が土地活用プランを無料で提案してくれるので安心感あり
土地を持っていなくても始められる土地活用方法&土地の提案からサポートできる

リビンマッチはぴったりの土地活用プランを提案してくれるサイトです。

 

利用者数は440万人を突破しており、最短60秒で無料史料請求が可能。

 

自分の土地を持っていて活用したい人も、まだ土地はもっていないけれど土地活用をしたい!という人も利用することができますよ。

 

リビンマッチでは150社以上の業者が無料対応しており、47都道府県すべてに対応済み。

 

地元に密着している企業も多く、地元での土地活用に強いでしょう。

 

アパート・マンションの経営の他、駐車場経営、高齢者住宅など様々な土地活用プランを用意しているので、土地活用の仕方が分からない方でも安心です。

 

タウンライフ土地活用

https://www.town-life.jp/land/index.php

土地活用部門「利用満足度No1」「口コミ評価No1」「参画企業社数No1」の3冠達成
市場調査や周辺環境をもとに3つの土地活用計画書が全て無料でもらえる
全国にある200社以上の優良企業が土地の収益最大化プランを提案

タウンライフ土地活用は累計112万人以上が利用している土地の収益最大化プランを提案してくれるサービスになります。

 

複数の業者から全て無料で、土地活用方法の提案を受けることができ、申込みはネットで簡単3分でOK。

 

インターネット経由で全国にある200社以上の優良企業から活用プランを請求できるので一括して比較することもできます。

 

複数の企業の収益化最大化プランを比較することで一番よい活用方法を見つけ出すことができるでしょう。

 

またタウンライフ土地活用では土地活用の初心者でも安心して利用できるように手軽に相談だけすることもできますよ。

TOPへ